HOMEその他CD・DVD歴史憎しみはこうして激化した

DVD 憎しみはこうして激化した〜戦争とプロパガンダ〜

 お申込み

憎しみはこうして激化した by 平凡社出版販売株式会社
 クリックで拡大


憎しみはこうして激化した〜戦争とプロパガンダ〜


 DVD 商品NO:DON-514  本体価格3,800円(税込4,104円)
 DVD1枚
 終戦から70年の2015年、あらためて戦争と平和をみつめて
 映像が駆り立てた戦争の狂気

 国民を戦争へと駆り立てるために、国家はどのように映像と情報を操作するのか。


  太平洋戦争時の極秘資料と映像から、アメリカの「映像プロパガンダ」の原点を解き明かす。
  2015年8月7日放送/収録時間:本編49分+特典29分/16:9LB/ステレオ・ドルビーデジタル/片面一層/カラー
  【封入特典】リーフレット  語り:柴田祐規子


DVD 憎しみはこうして激化した〜戦争とプロパガンダ〜 収録内容

  アメリカ海兵隊が太平洋戦争の戦場で撮影した、およそ3000本、500時間のフィルムがある。
  当時制作されたプロパガンダ映画の元素材だ。
  米軍は「映像は兵器だ」として、戦意を高揚させる映像を大々的に流す一方、「不都合な映像」を検閲し
  排除していた。
  日米双方のプロパガンダで、憎しみはどのようにエスカレートしたのか。
  膨大なフィルムと極秘資料、そして元カメラマンらの証言から、戦争とプロパガンダが何をもたらすのかを
  明らかにする。

  【アメリカで制作されたプロパガンダ映画2本を全編収録】
  「Freedom Comes High」(13分)  「My Japan」(16分)

このページのトップへ