HOMEその他CD・DVD歴史狂気の戦場 ペリリュー

DVD 狂気の戦場 ペリリュー〜"忘れられた島"の記録〜

 お申込み

狂気の戦場 ペリリュー by 平凡社出版販売株式会社
 クリックで拡大

狂気の戦場 ペリリュー〜"忘れられた島"の記録〜


 DVD 商品NO:DON-511  本体価格3,800円(税込4,104円)
 DVD1枚

 日米併せて約2万人が死傷したペリリュー島の戦い
 "狂気の戦場"と呼ばれた戦いの全貌に迫る

 語り:柴田祐規子

  2014年、米国で日米の激戦を記録した100本を超えるフィルムが見つかった。
  撮影地は日本から3200km離れたさんご礁の島ペリリュー。
  2万人近い死傷者を出したが戦いの詳細はほとんど語られずにきた。
  フィルムには恐怖や憎悪、絶望の中で日米兵士が追い詰められていくさまが克明に記録されている。

  2014年8月13日放送/収録時間:49分/16:9LB/ステレオ・ドルビーデジタル/片面一層/カラー
  【封入特典】リーフレット(16P)


DVD 狂気の戦場 ペリリュー 収録内容

  2014年、アメリカで日米の熾烈な戦いを記録した113本のフィルムの存在が明らかになった。
  撮影地はフィリピンの東800キロに位置するパラオ諸島の小島・ペリリュー。
  「地球最後の楽園」と呼ばれるサンゴ礁の美しい島だ。
  70年前、日米両軍はここで死闘を繰り広げた。
  米海兵隊の最精鋭部隊と言われる第1海兵師団第1連隊の死傷率は、史上最も高い約60%。
  そのあまりの犠牲者の多さと過酷さから、ほとんど語られてこなかったため、「忘れられた戦場」と呼ばれている。
  ペリリュー島は、太平洋戦争の中でも特異な戦場だった。
  日本軍はアッツ島以降続けてきた組織的な"玉砕"を初めて禁じ、持久戦を命令。
  米軍が当初「3日以内で終わる」と予想した戦闘は2カ月半に及んだ。
  今回発掘したフィルムには、日米双方が日増しに追い詰められていく様が克明に記録されている。
  フィルムを撮影した元米海兵隊のカメラマン(91歳)や、生き残っている日米元兵士の証言を記録。
  フィルムと証言から、ひとたび戦争が始まるとそれを終結することがいかに難しいか、戦場とはどんなもの
  なのか、その厳しい現実を伝える。

このページのトップへ