失われた文明 インカ・マヤ

HOMEその他CD・DVD歴史失われた文明 インカ・マヤ


DVD 失われた文明 インカ・マヤ

 お申込み

失われた文明 インカ・マヤ by 平凡社出版販売株式会社
 クリックで拡大

失われた文明 インカ・マヤ


DVD 商品NO:DON-531  本体価格11,400円(税込12,312円)
DVD3枚組+リーフレット 分売不可 

かつて中南米に栄え、多くの謎と伝説に満ちた三大文明、インカ・マヤ・アステカを追う。
本編177分+特典35分


 説明
 中米のマヤ文明とアステカ文明、南米のインカ文明・・・・・
 中南米に栄えた三大文明は、今でも多くの謎と伝説に満ちている。

 密林にそびえるピラミッドの王朝「ティカル」、湖上に浮かぶ都市「テノチティトラン」、天空の都「マチュ
 ピチュ」。
 この地域は『世界遺産の宝庫』として世界中の人々から注目されている。
 新大陸に生きた人々と文明の全体像を描き出し、人類のつくりだす文明の多様性と普遍性を紹介するとともに、
 複雑な現代社会を人々が生きることの意味を考える。
 2007年7月放送のNHKスペシャル「失われた文明 インカ・マヤ」がDVD化!!

 語り:伊武雅刀/音楽:羽毛田丈史/歌:元ちとせ


収録内容


DISC-1 アンデス ミイラと生きる
アンデス山脈に巨大国家を建設し、多民族統一に成功したインカ帝国。この帝国の繁栄を支えていたのは、死後も生き続けると考えられたミイラの存在であった。今も残る、ミイラ文化の歴史を掘り起こす。
[特典映像]「シリーズ 失われた文明 インカ・マヤ・アステカ」PR番組(2007年放送)


DISC-2 マチュピチュ 天空に続く道
インカ皇帝の冬の住居とも言われるマチュピチュ。スペインの侵略を免れ、山中にたたずむ空中都市からは、周辺地域へ伸びるインカ道と呼ばれる道があった。文字を持たなかったインカ帝国が険しい自然の中、巨大帝国を築き統治に成功したのはなぜか。マチュピチュとインカ道が果たした役割を探る。
[特典]フォトギャラリー「遺跡を訪ねて」


DISC-3 密林が生んだ二千年の王国
うっそうとしたジャングルで誕生したマヤ文明。各地に点在していた都市は、お互いを滅ぼし合うことなく、共に文明を支えていた。水・食糧の確保が困難であった状況で、厳しい自然を逆手に取り、発展に努めたマヤの人々。未だ謎の多いマヤ文明、その反映の秘密を追う。
[特典映像]「湖上の帝国・アステカ」(BShi放送「シリーズ 失われた文明〜インカ・マヤ・アステカ〜」より

このページのトップへ