HOME平凡社の本風土記から見る日本列島の古代史

平凡社新書 風土記から見る日本列島の古代史

 お申込み
風土記から見る日本列島の古代史 by 平凡社出版販売株式会社
 クリックで拡大

新書 風土記から見る日本列島の古代史


 書籍 商品NO:BSH-7039  本体定価820円(税込886円)
 BOOK 1冊

  奈良時代に編纂の命が出た『風土記』には各地の特産物や伝承などが記録されている。
  『風土記』を通して古代日本へタイムトリップ!

  著者:瀧音 能之
  新書判/232ページ/出版年月:2018/6



平凡社新書 風土記から見る日本列島の古代史

  八世紀はじめ、国ごとに作成された『風土記』。
  その多くは失われてしまったが、『常陸国風土記』『播磨国風土記』『出雲国風土記』『肥前国風土記』
  『豊後国風土記』の五つが現存し、各地方の歴史、風俗、信仰などが記されている。
  古代の日本列島に生きた人びとが何を考え、どう生きていたのか?
  『風土記』から見える、日本列島の古代史の世界。
  『風土記』の世界を知ると、日本史がグンと面白くなる!!


 ◆目次
 はじめに
 第一章 『風土記』のあらまし
  『古事記』・『日本書紀』との違い
  誰が何のためにつくったのか
  『風土記』の種類
 第二章 『風土記』の中の神や英雄たち
  1 神々の群像
    スサノオ神
    オオクニヌシ神
    ヤツカミズオミヅヌ神
    カシマ大神
    荒ぶる神
  2 天皇とされた英雄
    倭武天皇
    神功皇后とその伝承
    市辺天皇
 第三章 五つの『風土記』の世界
  『常陸国風土記』の特殊性
  『播磨国風土記』と応神天皇
  ほぼ完本として残る『出雲国風土記』
  『肥前国風土記』・『豊後国風土記』と景行天皇の土蜘蛛征討伝承
  逸文の面白さ 
 第四章 古代人の祈り
  神社の数
  寺院の数
  僧と尼
  神仙思想
  浦島太郎のルーツ
  天女と白鳥
  古代人とタブー
 第五章 古代の生活を支えるもの
  開墾をめぐる神と人びと
  さまざまな水産物
  国境に住む人びと
  古代人と特産物
  市に集う人びと
 第六章 日々の楽しみ
  歌垣の実像 
  日々の宴会 
  温泉の楽しみ方 
  さまざまな擬音 
  口かみの酒 
 おわりに





平凡社の本TOP
平凡社
商品お問合せ
平凡社出版販売株式会社 お問合せ
  通話料無料・土日祭日を除く
  11:00〜18:00


YTT会員メニュー

平凡社 おすすめ

CD・DVDメニュー

Company、Shopping

このページのトップへ