HOME平凡社の本合田佐和子〜光へ向かう旅

平凡社 コロナブックス 合田佐和子〜光へ向かう旅

 お申込み
合田佐和子 by 平凡社出版販売株式会社
クリックで拡大

合田佐和子〜光へ向かう旅


 書籍 商品NO:BSH-605  本体定価2,000円(税込2,160円)
 BOOK 1冊
  1冊/B5変判/128頁/2017.8月
  編集:コロナ・ブックス編集部



平凡社 合田佐和子〜光へ向かう旅

  色と光を駆使し、唯一無二の世界観を描いた伝説の画家、合田佐和子。
  未発表作を含む作品集と華麗な芸術家人生の軌跡を収めた決定版。


  心眼のレンズを通して見た少女や猫や花などのモチーフを、油彩やオブジェ、写真、コラージュなどで
  多彩に表現した伝説の画家、合田佐和子。
  見る者を一瞬にして異なる時空へと連れ去る合田作品の魅力を、そのモチーフから、変化に富む様式から、
  作家が生前愛したものや暮らしぶりから、あますことなく探ってゆく、入門書にして決定版となる作品集。
  未発表作、および豪華執筆陣によるエッセイも多数掲載。


 ◆目次
  [エッセイ]巖谷國士
  [解説]光田ゆり
  第1章 肖像  [エッセイ]山崎まどか / [エッセイ]小林麻美
  第2章 レンズ効果  [エッセイ]吉本ばなな
  第3章 異界への誘い  [エッセイ抄録]合田佐和子
  第4章 少女幻想
  第5章 不整合の美
  第6章 交錯する次元  [インタビュー抄録]合田佐和子
  第7章 眼玉のくに  [ドローイング]ヒグチユウコ  [インタビュー]種田陽平
  第8章 合田佐和子 作家と人生  [インタビュー]合田ノブヨ
  合田佐和子キーワード事典
  略年譜ほか

【作家略歴】
1940年生まれ。武蔵野美術大学デザイン科卒業。幼少より戦後の焼け跡でガラクタを拾い集める。
65年、瀧口修造の勧めでガラクタのオブジェを発表、デビュー。71年に油彩を始め、80年以降は、ポラロイド、パステル、鉛筆、写真、エッチングを発表。 60年代末からは唐十朗、寺山修司らの舞台・映画美術も数多く手がけた。
85年、エジプト・アスワンの村に1年間移住。91年に朝日新聞で連載された中上健次の小説『軽蔑』で毎回、眼だけの挿絵を描き、話題に。 2016年2月19日心不全のため75歳で逝去。





平凡社の本TOP
平凡社
商品お問合せ
平凡社出版販売株式会社 お問合せ
  通話料無料・土日祭日を除く
  11:00〜18:00


YTT会員メニュー

平凡社 おすすめ

CD・DVDメニュー

Company、Shopping

このページのトップへ